鍼灸を、もっと身近に、もっと手軽に、もっと安心に

鍼灸NEWS

ニュース記事

腱鞘炎にはパルムが使える? Twitterで話題の腱鞘炎応急処置、効果があるのか鍼灸師に聞いた

Twitterで一風変わった腱鞘炎の応急処置が注目を集めています。アイスの棒を添え木にして指に巻き付けるという非常に手軽なもの。なお、長さ・太さ的にもパルムがちょうどいいそうです。

鍼灸師は見た…「一度の治療で判ってしまう」あなたの体調・症状4つ

特に病気というわけではなさそうでも、「なんか最近、体の調子が悪いな~……」という時、あなたならどうしますか? 「ゆっくり休養して栄養のある食事を摂る」という人もいれば、「マッサージや整体に通ってみる」という人もいるかもしれません。

脳梗塞が引き起こす軽度認知症に、「鍼灸」を併用した治療が効果を示す

中国の天津中医薬大学、鍼灸部門のWang博士らのグループが2016年に出した論文によると、「脳血管性認知症」に鍼灸治療を併用すると、薬だけの治療よりも認知機能の回復に効果があったそうです。

どうして鍼を顔に刺すの?「美容鍼」の理に適った、期待できる4つの効果

顔全体に刺さった鍼。そのような「美容鍼」のイメージ写真をご覧になったことがあるのではないでしょうか?  でも、どうして顔に鍼を刺すと美容に良いのでしょうか?  鍼灸師の先生に取材したので、そのことを簡単にご紹介します。

意外に知られていない鍼灸マッサージ師が提案する「病鍼連携」とは?

古くは大宝律令の時代から日本の朝廷に認められた医療的な制度である鍼灸あん摩。今では厚生労働大臣が免許する国家資格として我が国で10万人ほどが活躍している。

頑固な便秘に鍼(はり)治療が効く 西洋医学が中国の病院と協力し立証

鍼灸(しんきゅう)療法の世界では昔から鍼(はり)治療は便秘に効くとされてきたが、西洋医学の立場からも鍼が重症の便秘に効果があるとする研究がまとまった。

松山・古川に接骨・鍼灸院「ほねつぎ」 愛媛初進出

松山・古川に3月30日、「ほねつぎ はなみずき接骨院/はなみずきはりきゅう院」(松山市古川北 2、TEL 089-957-9227)がオープンした。(松山経済新聞)

禁煙専門鍼灸院が東京都台東区にオープン

東京都台東区にこのほど、禁煙専門の「きんえん堂鍼灸院」がオープンした。禁煙できなかったら返金もあるそう。(マイナビニュース)

32年間ネパールで医療奉仕―鍼灸師・山根正子さん

ネパールで32年間、医療奉仕活動を続ける大山町出身の看護師、山根正子さん(79)が、昨年4月25日に起きたネパール大地震から1年を迎えるのを前に4月2日、米子市内で報告会を開く。(日本海新聞)

東住吉⇔南相馬 被災の郷里、ほぐしたい

東日本大震災後に福島県南相馬市から避難し、大阪市東住吉区で開業した鍼灸しんきゅう師の加藤大助さん(45)が、故郷で毎月1週間の出張診療を始めて1年になる。(YOMIURI ONLINE)

« 1 3 4 5 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.